2023.01.16
4Qでサンダーに突き放されたネッツが2連敗…渡邊雄太は豪快ダンクを含む5得点
5得点5リバウンドを挙げた渡邊/写真は現地12月21日のウォリアーズ戦のもの[写真]=Getty Images

 1月16日(現地時間15日)、NBAのレギュラーシーズンが行われ、渡邊雄太が所属するブルックリン・ネッツはオクラホマシティ・サンダーとホームで対戦した。

 ケビン・デュラントが欠場中のネッツは、第1クォーター終盤に渡邊がミドルレンジからプルアップジャンパーを沈めると、エドモンド・サムナー、セス・カリーと連続で得点を奪って一時逆転に成功。しかし、最後は24-28とサンダーにリードされて最初の12分間終えた。

 続く第2クォーター、開始からコーナー用パネル3点セット (スクラッチ/高さ150cm 幅90cm 板間隔1cm) 1.パネル右脚カット 2,パネル両脚 3,コーナー用連結金具 サクリアが豪快なブロックを連発。クラクストンが5分間で4ブロックを記録してサンダーの得点を阻むと、終盤にはTJ・ウォーレンの得点でリードを奪う。終了間際にはクラクストンがプットバックダンクを決め、 50-48で試合を折り返した。

 迎えた第3クォーター中盤、速攻の場面でブレスレット スワロフスキー Swarovski 3D Stardust Pink Double Bracelet, Size M Authentic MIB - 5089853のアシストから渡邊がボスハンドダンクを叩き込む。終盤にはカリーの3ポイントシュートで10点差に広げるが、シェイ・ギルジャス・アレクサンダーの得点でサンダーに点差を詰められ、80-75で最終クォーターへ。

 勝負の第4クォーター、序盤からジョシュ・ギディーに連続得点を奪われると、ルーゲンツ・ドートやアイザイア・ジョーに次々と長距離砲を決められ、サンダーに逆転を許す。中盤には渡邊がフリースローで得点を伸ばすが、最後はアレクサンダーの連続得点で突き放され、ネッツが102-112で敗れた。

 2連敗となったネッツは、カリーが23得点、クラクストンが17得点13リバウンド4ブロック、アービングが15得点6リバウンド6アシスト、ロイス・オニールが11得点10リバウンド8アシストをマーク。

 一方のサンダーは、ギディーが28得点9リバウンド9アシスト、アレクサンダーが28得点7リバウンド、ドートが22得点5リバウンドを挙げ、3連勝を飾った。

 渡邊は約21分間の出場で、5得点5リバウンド2アシストをマーク。得意の3ポイントは2本放つも、この試合では決めることができなかった。

■試合結果
ブルックリン・ネッツ 102-112 オクラホマシティ・サンダー
BKN|24|26|30|22|=102
OKC|28|20|27|37|=112

BASKETBALLKING VIDEO